誰でも簡単!かごが編めるハンドメイド、エコクラフト(紙バンド)とは?その作り方、その魅力とは?

紙バンドのバッグ

 

エコクラフト(紙バンド)手芸というハンドメイドをご存知ですか?20年以上も前から、主婦層を中心に根強い人気を続けている「かご作り」のハンドメイドです。私は2000年にこの手芸に出会い、ネットショップを運営しながら活動をしています。一般的にはあまり知られていないクラフトですが、実は毎年、何冊もの関連書籍が販売されている人気ハンドメイドなのです。今回はこのエコクラフト手芸(紙バンド手芸)について詳しくお伝えします!

 

  • エコクラフト(紙バンド)手芸とは?
  • エコクラフト(紙バンド)の素材・特徴とは?
  • エコクラフト(紙バンド)手芸のかごの作り方
  • エコクラフト(紙バンド)手芸の魅力とは?

 

 

エコクラフト(紙バンド)手芸とは?

 

エコクラフト手芸とは、紙バンドを使ってかごやバッグなどを作る手芸で、毛糸などで有名なハマナカ株式会社が「エコクラフト」という名前で登録商標している手芸です。(なので、正確に言えば、エコクラフトテープで作られていないものは、エコクラフトとは呼べません)

もともと紙バンドは、お米の袋の梱包用の紙ひもとして使われていたもので、これを使ってカゴを編み始めたのがこの手芸の始まりです。1998年にハマナカがエコクラフトテープとして販売を開始し、同時に「エコクラフト手芸(ブティック社)」が発行され、全国に愛好者が増えていくことになりました。ハマナカ以外でも、紙バンドを手芸用として販売するところが増え、もともとは素材の色のみの紙バンドでしたが、現在では数えきれないほどのカラフルな色の紙バンドが売られています。(紙バンド手芸と言ったり、こより手芸、紙紐、クラフトバンド等、呼び方がいろいろあります。)今では100均でも手作りキットが販売されているほどの人気ハンドメイドになりました。

 

ハマナカエコクラフト

 

 

 

エコクラフト(紙バンド)の素材・特徴とは?

 

  1. エコクラフト(紙バンド)の素材について

エコクラフトテープや紙バンドは、100パーセント再生紙で作られています。古紙から再生され、環境にも優しい、だからエコロジー(ecology)のエコでエコクラフトと言うわけです。ベージュ色は段ボールの制作過程で出た端切れ、白色は牛乳パックのリサイクルだそうです。

もともとはお米用の梱包用に使われていた紙バンドで、下記の写真のような形で米袋についています。でも、最近ではビニール素材に代わってしまい、あまり見かけませんね。でも、お米専門店などに行くと現在でも使われています。

 

米袋

お米の梱包用として使われている紙バンド

紙バンド拡大図

このひもの部分が紙バンド

 

2.エコクラフト(紙バンド)の特徴について

  • 籐や竹などの素材に比べると、大変柔軟性がある。
  • 平面なので、扱いやすく、ボンドで簡単に接着が出来る。
  • こよりの数を裂いて、幅を簡単に変えることが出来る
  • 作品作りで貼り間違えたりした場合には、アイロンの蒸気をあてると、ボンドが溶けて、簡単にはがすことが出来る
  • 無害の水溶性のノリでこより同士を接着してある。
  • 紙バンドの表面にも薄くノリが付着しているため、少し濡らしただけでも接着が可能
  • ノリは水に一定期間つけると溶ける性質がある(水につけると紙バンドのこよりがはがれてくる
  • 水に湿らせて乾かすと固くしっかりと仕上がる(水の濡らしすぎには注意)
  • 紙バンドには裏表はない。

 

エコクラフトテープ(紙バンド)は、籐や竹などの自然素材と違って、とても扱いやすい素材です。手軽に出来る点で、ハンドメイドとして優れた特徴があります。特殊な技能も必要ありません。あなたもエコクラフト(紙バンド)手芸を楽しんでみませんか?

 

 

エコクラフト(紙バンド)手芸のかごの作り方

 

エコクラフト(紙バンド)手芸のかごの作り方です。私の運営するサイトで公開しているレシピです。(他にもたくさん公開しています)PDFファイルでも公開していますので、興味のある方はこちらからどうぞ。(注:パスワードはecoecoと入れて下さい。)この程度のかごなら、初心者の方でも2時間もあれば、作ることが出来ます。材料はエコクラフトテープ(紙バンド)、ボンド、洗濯ばさみ、はさみ、目打ち、メジャーなど。とても簡単なので、あなたもぜひチャレンジしてみて下さいね。

 

紙バンドバスケットレシピ

紙バンド作り方

紙バンド作り方

 

 

エコクラフト(紙バンド)手芸の魅力とは?

 

私がこの手芸に出会った時、とても魅力だと思ったのは、自分サイズのかごが自由に編めるという点収納にとても便利だと思いました。これをいっぱい編んで、部屋を片付けようと思ったものです。(実際はそんなに片付きませんでしたが・・・)実用的な面とおしゃれでかわいい雑貨も作れるところが、とても魅力的。また、特別な道具を必要とせず、エコクラフト(テープ)とハサミやボンドなどの身近な道具で手軽に始められることも魅力のひとつです。ハサミは使いますが、気をつけていれば、小さいお子さんがいる方でも大丈夫。お子さんのお昼寝時間などでも十分作れるでしょう。小学生ぐらいなら、簡単なカゴも編めるので、夏休みの宿題にも向いています。PTAの文化活動などにもぴったり。エコクラフト(紙バンド)手芸を学校の行事で作ったのが、始めたきっかけという方も多いです。また、高齢者の方の余暇やリハビリなどにも利用されています。このように、誰でも簡単に作ることが出来る人気のハンドメイド。あなたもこの魅力にハマってみませんか?

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?エコクラフト(紙バンド)手芸がどんなものか、わかっていただけたでしょうか?今後もエコクラフト(紙バンド)手芸について、いろいろお伝えしていければと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. エコミニチュアフレーム
  2. ハートバスケット
  3. 横長バスケット
  4. ハマナカエコクラフト
  5. オンライン本屋
  6. PTA活動

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

プロフィール

ハンドメイドサイト『カントリークラフトB2』とその姉妹サイト『エコミニチュア*くらぶ』を運営しているshimoです。2016年に陸マイラーデビューし、旅行に行くためにコツコツとマイルを貯めています。クラフターの皆さんにも、陸マイルを貯める方法を伝授して、気軽に全国のイベントに参加してもらえたらと、このブログを立ち上げました。 運営サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. 紙バンドのバッグ
  2. かご収納
  3. バッグ
  4. エコミニチュアフレーム
  5. 横長バスケット