ハンドメイドをネット販売!誰でも出来る2つの方法

ハンドメイドをネット販売する方法

ハンドメイドの市場規模は8000億以上と急成長中。それに伴い、ハンドメイドが好きでそれを仕事にしたいという人も増えています。趣味と実益を兼ねており、「好きなことを仕事にする」という理想的な働き方として、受け入れられているようです。また、ひと昔前と違って、誰でも簡単にネット販売が出来る時代となりました。ネット販売なら、お小遣い稼ぎをしたい、パートがわりに働きたい、起業して自立したい、ハンドメイド作家になりたい等、働き方は自分で選ぶことが出来ます。あなたも好きなことを仕事にして、自分の作品をネット販売してみませんか?

では、ネット販売をする方法にはどんなものがあるでしょう?ネットショップと言えば、皆さんもよく利用する「楽天市場」や「yahoo!ショッピング」などのモール型のショップを思い浮かべる方が多いかもしれません。でも、ここではハンドメイド作家さんが利用する視点で考えますので、小規模事業主向きのネット販売に絞って、次の2つの方法を紹介したいと思います。

 

  1. ハンドメイドマーケットサイト(ハンドメイド販売サイト)
  2. ASP型ネットショップサービス

この2つは、モール型と違い、直接の集客力は劣りますが、大きなリスク(資金等)を負う必要がなく、安心してネット販売が出来る方法です。何より、低予算、そして難しい作業をせずに簡単にネット販売が出来るので、個人のハンドメイド作家には最適な方法だと思います。

 

初心者向き、まずは体験「ハンドメイドマーケット」から

スマホ

 

「ハンドメイドマーケット」はハンドメイド出品が条件のフリーマーケットアプリです。世界に一つだけの“一品モノ”が手に入るということが魅力のネットマーケットとして、人気も急上昇中。最近、テレビや雑誌で紹介される機会も増えており、注目度も高くなっています。ハンドメイド商品を気軽に販売出来るため、たくさんのハンドメイド作家さん達が利用しています。パソコンがなくてもスマホでも気軽に作品を販売することが出来ます。

 

ハンドメイド販売サイト仕組み

 

この図のように、お客様と販売者のやりとりの間にハンドメイドマーケット会社が仲介として入ります。お金の振込を確認してからの発送なので、販売者も安心ですし、お客様も作品が届かない場合には、ハンドメイドマーケットに問い合わせをすれば、きちんと対応してもらえるのでトラブルの心配が少なく、お互い安心して取引が出来るというわけです。

ハンドメイドマーケットには、最大手のminne(ミンネ)。そして、Creema(クリーマ)tetote(テトテ)iichi(いいち)等が代表的なハンドメイドマーケットとして知られています。

 

どのサイトも登録は無料で登録自体は数分で完了し、とっても簡単。作品を投稿するには写真や作品の説明等を書く必要があるので、それなりの時間はかかりますが、とりあえず、1点掲載してショップとして成り立たせるだけなら、30分もかかりません。

 

 

ミンネ ハンドメイドマーケット アプリハンドメイドマーケット ミンネ

 

売れた場合に手数料が取られるという仕組みなので、売れなければお金もかからず、ショップを持つことで損をするというリスクがありません。資金はないけれど、自分のハンドメイド作品を売ってみたいという人には、最適な販売方法です。とても気軽に出来るので、まずは、ハンドメイドマーケットでネット販売を経験してみましょう。自分の作品が売れた喜び、お客様とのやり取り、商売をするという感覚が勉強出来ると思います。

 

また、メディアも注目しているサイトなので、出品がきっかけで、雑誌社から声がかかる場合もあるそうです。ハンドメイドマーケットから人気が出たハンドメイド作家さんもいますし、著作本を発行出来るような本格的なハンドメイド作家になるチャンスがあるかもしれません。

中には月収100万位稼ぐ方もいるそうですが、実際にそこまで稼ぐのは、よほど大量生産が出来る商品でない限り難しいでしょう。作品作りにも時間がかかるのがハンドメイドです。大半の人は、ちょっとしたお小遣い程度が現状かもしれません。ただ、販売のコツ等を駆使すれば、月に10万円位の稼ぎは決して不可能な数字ではありません。しかし、ハンドメイドマーケットでは、ライバルが多い分、高い値段で売ることが難しく、どうしても制作量の限度もあり、稼ぎは頭打ちとなってしまいます。

 

もっと稼ぎたい、ちゃんと商売としてやっていきたい、ハンドメイド作家としてきちんと自立したいという方は、独自サイトのお店を持という、次のステップに進むことをおすすめします。※ただし、集客する手立てとして、ハンドメイドマーケットの出品も重要なので、出品はもしくは展示を続けて、次のステップとの併用がお勧めです。宣伝のためのツールとして利用価値があります。

 

「ASP型ネットショップサービス」で、独自サイトのお店を持つ

簡単ハンドメイドネットショップ

 

ハンドメイドマーケットサイトでネット販売の経験を積んだ後、自分だけのお店を持って、ステップアップしませんか?独自サイトを持つということは、ハンドメイド作家として、ステイタスにもなりますし、もっと収入が増えるチャンスがあります。ハンドメイドマーケットサイトでは、1点1点に手数料がかかるため、どうしても儲け分が少なくなります。また、安価で販売する人も多いので、高い値段では売れにくい。手間暇がかかるハンドメイドを安い値段で売っていたら、儲けることが出来ませんね。作業に見合った収入が、本当に得られるのか?手数料を引かれても商売として成り立っているのかをよく考える必要があります。そこでおすすめなのが、ASP型ネットショップサービスパソコン初心者でもネットショップを作ることが出来る嬉しいサービスです。

 

実社会で自分のお店を持つ場合、資本金やら家賃やら、相当なお金がかかりますが、ASPと呼ばれるネットショップサービスを利用すると、格安で自分のお店を持つことが出来ます。無料のサービスもありますし、毎月定額のサービス料(900円~)を支払うだけなので、売り上げがあればあるほど、このサービスを利用する価値が出てきます。今まで1点ごとに支払っていた手数料を払う必要がなくなるからです。

以前なら、自分で独自ドメインを取り、ショッピングカートや各サービス等をそれぞれレンタルして、ショップ作りをする必要がありました。でも、ASP型のネットショップなら、一つの契約でいろんなサービスが揃っており、作業も少なくて済みます。

 

 

ASP型ネットショップ仕組み

 

ASP型のネットショップサービスは、多機能になればなるほど、サービスにも違いがあり、値段も上がっていきます。人を雇う程の大きなショップの場合は、多機能なサービスも必要になりますが、個人が運営するハンドメイドショップでは、それは必ずしも必要ではありません。そこで、個人利用のハンドメイドショップでおすすめのASP型ネットショップサービス

 

 

この2つです。

BASE(ベイス)は、とてもシンプルな独自ショップですが、なんと無料で作ることが出来ます。また、カラーミーショップは、一番安いプランなら、月額900円で運営することが出来ます。独自ドメインも作れるし、個人利用なら十分過ぎる機能があります。

 

お店はシンプルで良いと考えるならBASE(ベイス)カスタマイズ性を重視するなら、少しお金を出して、カラーミーショップです。でも、カラーミーショップも一か月は無料で利用出来るので、両方作って、自分に合っている方を選ぶことが出来ます。どちらも費用がかからず、気軽にお店作りにチャレンジ出来るのが嬉しいですね。ハンドメイドマーケットに比べると、自分でやる作業も増えますが、パソコン初心者でも出来るので、安心してくださいね。

 

 

まとめ

ネットショップ開業販売サイト

 

いかがでしたか?ネット販売をすることは難しいことではありません。普通の主婦でも、お店を気軽に作ることが出来るのです。

費用がかからないので、ご主人に反対されるという心配もありませんね。あなたの作品をネットで販売して収入を得てみましょう。お小遣い稼ぎでもいいし、本格的に起業するのもよし。どちらも可能です。難しいそうなんて言ってないで、ぜひ、あなたもネットショップオーナー、そして、ハンドメイド作家としての第一歩を踏み出して下さいね!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 紙バンド入りはこBOONmini
  2. パソコンする手
  3. 宅配便
  4. ハンドメイド
  5. はいBOONminiロゴ
  6. 税金

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

プロフィール

ハンドメイドサイト『カントリークラフトB2』とその姉妹サイト『エコミニチュア*くらぶ』を運営しているshimoです。2016年に陸マイラーデビューし、旅行に行くためにコツコツとマイルを貯めています。クラフターの皆さんにも、陸マイルを貯める方法を伝授して、気軽に全国のイベントに参加してもらえたらと、このブログを立ち上げました。 運営サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. ハンドメイドをネット販売する方法
  2. ミンネ
  3. ミンネはじめましょ
  4. アクセサリー作り
  5. パソコンする手