ハンドメイドでネットショップ開業―売上につながる屋号、ショップ名、作家名を決める方法

ハンドメイド

 

あなたのハンドメイドネットショップの屋号(ショップ名)は、どんな名前ですか?また、作家名も決めていますか?屋号は、ネットショップ名であり、ブランド名とも言います。屋号は絶対につけなければいけないというものではなく、個人名でも良いのですが、ネットショップを出すのなら、お店の名前は必要だと思います。また、個人事業主になった場合、税務署に提出する書類に屋号の記入欄がありますので、提出する時までには、名前を決めておくと良いでしょう。

屋号は、その店の、その事業の「顔」です。出来れば、おしゃれですてき!って思ってもらえる名前がいいですよね?なので皆さん、名前には思い入れがあり、一生懸命考えると思います。でも、響きのいい言葉など、カッコよさだけを追求していないでしょうか?検索しにくい名前、覚えにくい名前だと失敗します。屋号(ショップ名)、作家名を何にするかは、お店の売り上げも左右される程、大事なことです。では、屋号(ショップ名)、作家名を決める時に気をつけなければならないことは、どんなことでしょうか?ネーミングをする時に気をつけること、そのポイントをお知らせします。

 

  • 名前が検索されやすいこと
  • 名前が覚えやすいこと
  • 同じ名前がないかを調べる
  • 作家名は本名で

 

名前が検索されやすいこと

検索画面

 

ネットショップだからこそ、お店に来てもらうために検索されやすいことが一番重要になってきます。では、検索されやすい言葉とは何でしょう?それは日本語で検索するということです。例えば、あなたは調べもので検索する時に、アルファベットで検索しますか?海外ブランドの名前だったとしても、アルファベットではなくカタカナで検索すると思います。いちいち変換して検索するのは、とても面倒だからです。このことから、カッコいいからと英語名やフランス語名での名前にするのはNGです。英語名、フランス語名はおしゃれで素敵ですが、読み方もわからない言葉は検索率がガクンと低くなります。どうしても英語名やフランス語名にしたい場合は、カタカナ表記にしましょう。入力のしやすい名前がポイントです。

 

 

覚えやすいこと

 

では、カタカナ表記にしても、長い言葉、馴染みのない言葉だと覚えにくく、おすすめ出来ません。覚えやすく、親しみやすく、シンプルな言葉が一番です。実店舗でも、なかなか覚えられないお店の名前ってありますよね?私は、何度も食事しているレストランなのに、お気に入りのブランドなのに、実は名前をすらっと言えないということがあります。いいお店だからと、人に紹介したくても名前を憶えていなくてそれが出来ない。それってすごく損ですよね?ハンドメイドネットショップでも同じ。あなたのお店を気に入ってくれた人がいたとしても、名前が覚えられずに人に紹介出来ないということが起こり得るのです。恰好だけにとらわれずに、覚えやすいものにすることが大事だと思います。

ハンドメイドのイベントでも、ほとんどの方がローマ字のブランド名をつけています。これではダメですね。かえって日本語名の方が確実に目立ち、覚えてもらえると思います。言葉の響きの良いおしゃれな日本語表記はおすすめです。出来れば難しい漢字、読み方がわからない漢字は避けましょう。どうしても読めない漢字の場合には、必ず読み仮名もつけるようにすることも忘れずに。あと、逆にあまり平凡な名前もよくありません。出来ればちょっと個性的だけと、記憶に残るものが良いですね。

 

 

同じ名前がないかを調べる

 

屋号(ショップ名)やブランド名、同じ名前を使っていないか、事前にインターネットで必ず調べてみましょう。念のために同じ名前でも表記を変えて、間違われやすいような名前もないかも調べます。大きな企業が使っている名前とかぶったり、似た名前になったりしたら、こちらが真似したと思われてしまいます。後々、トラブルにならないようにするには、同じ名前が使われていないを必ず調べ、同じ名前にならないようにしてください。

 

 

作家名は本名で

 

屋号(ショップ名)やブランド名を考えてきましたが、ハンドメイド作家としての作家名は決まっていますか?作家活動にはFacebook(フェイスブック)などのSNSをされる方も多いと思います。Facebook(フェイスブック)は本名での登録が必要なので、それと連動させるためには、本名を作家名にする方が得なのではないでしょうか?昨今はネット上で出会った人達とオフ会をやったり、イベント参加したりする機会も多いと思います。そんな時に、本名とハンドルネームや作家名が違うと、なかなか覚えてもらえなくなってしまいます。あなたも、この名前は誰さんだっけ?と悩んだことはありませんか?

ネットではハンドルネームを使うことも多いと思います。ハンドルネームも出来れば、本名から推察できる名前にしましょう。ハンドルネームと作家名、本名がバラバラになるのは避けた方が無難です。また、後々の話でもいずれ、あなたが著作本を発行出来るようなハンドメイド作家になったとします。著作本の名前表記は、ほとんど本名(本名でなくても日本語表記)ですよね?その時のためにも作家名は本名にしておくと、後々、ごちゃこちゃにならずに済むと思います。

 

 

まとめ

看板

 

いい名前が決まりそうですか?屋号(ショップ名)、ブランド名は、言わばお店の「顔」です。よく塾考して、いい名前を考えてくださいね。覚えやすく、センスのある素敵な名前、なかなか難しいですが、お店の名前で売り上げも変わってきます。名前を決めることは、あなたのネットショップオープンの第一歩です。頑張りましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. テディベア
  2. 紙バンド入りはこBOONmini
  3. はいBOONminiロゴ
  4. ミンネ
  5. ハンドメイドをネット販売する方法
  6. 税金

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

プロフィール

ハンドメイドサイト『カントリークラフトB2』とその姉妹サイト『エコミニチュア*くらぶ』を運営しているshimoです。2016年に陸マイラーデビューし、旅行に行くためにコツコツとマイルを貯めています。クラフターの皆さんにも、陸マイルを貯める方法を伝授して、気軽に全国のイベントに参加してもらえたらと、このブログを立ち上げました。 運営サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. ハンドメイドをネット販売する方法
  2. ミンネ
  3. ミンネはじめましょ
  4. アクセサリー作り
  5. パソコンする手